banner (1)

------------
【8月4日追記:マイシップのリリースについて
長らくお待たせしておりました「マイシップ」のリリースについて、
8月10日メンテナンス完了後よりリリースされることが決定しました!
この度は長らくお待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした。
リリースまで、もうしばらくお待ちください。

------------ 【マイシップのリリース延期について】 v6.2.0のストア審査遅延により「マイシップ」のリリースも延期となりました。 v6.2.0のアップデートが完了次第「マイシップ」もリリースされます。 皆様には長らくお待たせしているにも関わらず、さらにお待たせすることになり大変申し訳ございません。 v6.2.0のアップデート完了まで今しばらくお待ちください。 ------------
度重なる事情で皆さまには大変お待たせしてしまい申し訳ございません。 3.5周年の生放送で発表してから約1年弱。当初4月のリリース予定で進行しておりましたが、クオリティ向上のため7月へと延期をさせて頂き、運営チームとしては本日リリース予定であったマイシップですが… リリースに先駆けて、今回関係者にインタビューをしてきておりますので、先行公開の情報も含め「マイシップ」に対する想いを皆さまにお伝えできればと思います! 今回は本機能が発案されたきっかけから、開発時に紆余曲折あったというエピソード、実装においてのこだわりポイントなどをジャンプチプロデューサーの藤川Pに加え、開発担当ディレクター、開発担当デザイナーの3名にインタビューをしてきました!


まずは藤川Pにマイシップ実装の着想の経緯を聞いてみました!

ーそもそもこのマイシップ はどういった経緯から実装判断をされたのでしょうか?
藤川P:
自分自身がジャンプチをプレイしていて気になっていたのが、 "ジャンプチアイランドに住んでいる感が薄いなー"と思ったところなんですよね。 「週刊少年ジャンプ」のキャラは大好きだから「ルフィ」を育成したり「悟空」を育成したりはしますけど、自身を育てる、自身が成長していく部分が「プレイヤーランク」しかなくて「ジャンプチ」自体に愛着が湧き辛かったんですよね。(※「友情コンボ」だったり「エンブレム」だったり等、要所要所では積み上げ要素を実装してはいましたが) そもそもソーシャルゲームでの名刺的存在な「プロフィール機能」が無いなと。 そこからこのジャンプチの世界にどう落とし込んでいくかを考えていった結果、 一船の船長になってジャンプチアイランドを冒険するのが「ジャンプチ」だよね ということでマイシップを含む「船長計画」の企画が始まりました。 「マイシップ」は構想の一部であり、 "プレイヤーが船長になってジャンプチアイランドを冒険する" という構想に近付けるために今後4.5周年に向けてもいくつか機能を計画しています。

ー今後計画している機能だと、どういったものを考えているんでしょうか

藤川P:
4.5周年に向けて鋭意開発中なのが「航海日誌」という機能です。 私はずっと「ジャンプチ」を「週刊少年ジャンプ」にしたいと思っていまして、同じ「週刊少年ジャンプ」好き同士であっても実際に好きな作品自体はけっこう皆さん違っており(100作品以上もありますし)、プレイしたい特集祭も人それぞれ違うと思います。 好きな作品を好きなタイミングでとことん楽しんでもらい、その上で他の作品にも触れて頂いて様々な作品に出会って欲しいなと思います。 漫画でいう「本棚」をジャンプチらしく船長要素に落とし込んだのが「航海日誌」ですね。


ーマイシップ に期待している効果や今後の展望などはありあますか?

藤川P:
自分としては、マイシップによってようやく "一船の船長になってジャンプチアイランドを冒険する" 部分の土台ができたのかなと思っています。

ですので、このマイシップをベースにもう少しゲーム全体が1つのサイクルとして回るようにしていきたいなと思っています。 「決闘」であったり「超次元バトル」や「光海の英跡」も、それぞれが独立しすぎてしまっていて、もう少しキレイにジャンプチのサイクルに馴染ませることができれば・・・と考えています。 (全部のコンテンツを無理にプレイしなきゃいけないというようなことにはしませんが) またしっかりとお話できるカタチになりましたら改めてお話させて頂ければと思います。

つぎに開発担当ディレクターに実装までのお話を聞いてみました!

ー今回のマイシップ実装にあたり苦労した点はどこでしょうか?

開発ディレクター:
当初のリリーススケジュールから大変お待たせしまったこともあり、すでにご承知いただいている方も多いとは思いますがマイシップは全体を通して開発に非常に苦労しました。 まず冒険はもちろん、決闘や超次元バトルなどジャンプチでプレイできる全てでポイントを獲得できるようにする必要がありました。各コンテンツでポイントを入手できるようにすること自体はもちろん、その比率の調整にも非常に悩みました。
冒険1回に対して超次元バトル1回はどのくらいのポイントを獲得できるかなどはとても悩ましく、調整をする上で何度も変更を重ねて確定に至りました。 加えて報酬となる便利な機能もたくさん開発しています。

ー便利な機能というと、例えばどんなのがあるんでしょう

開発ディレクター:
そうですね。特に注目していただきたいのは今回新たに登場するスタミナブーストの最大倍率上限を解放する機能です。 従来のジャンプチはスタミナブースト3倍まで!とユーザー様も把握されていたと思うので、かなり挑戦的な機能になっています。システム的にも作り直さなければならない箇所が多くあり、とても大変でしたが5倍や7倍のスタミナブーストで冒険を行うと報酬画面が圧巻なので是非体験いただきたいです。 他にも冒険でもらえる宝箱が増える「マイシップ宝箱ボーナス」という機能や「スタミナ上限アップ」なども追加されます。 ちなみに、機能はもちろんなんですが様々な演出にもこだわって開発しましたので是非いろいろなコンテンツをプレイしてマイシップを成長させ、よりジャンプチでの冒険を楽しんでいただければと思います。

ーちなみに、演出でいうと具体的にどういった部分にこだわったのでしょうか?

開発ディレクター:
マイシップのパーツレベルが上がるシーンやマイシップポイントの獲得など、演出面は特にこだわって開発しました。 マイシップポイントの獲得時は気持ちの良い音と共に演出が表示されるので、是非たくさんポイントを貯めて確認してみてください。 また、細かい部分ですがマイシップ画面では船はもちろん背景のアニメーションにも注目してもらえると嬉しいです。

▼左:マイシップレベルが上がるシーン 右:マイシップポイント獲得のシーン
スクリーンショット 2022-07-22 17.12.24 スクリーンショット 2022-07-22 17.13.12


ー今後のマイシップの展望・アップデート予定があれば教えてください。

開発ディレクター:
今後、マイシップには今までの冒険記録が見られる『プロフィール機能』や手に入れたマイシップパーツを付け替えることのできる『カスタマイズ機能』の実装を予定しています。 また、関連機能として先ほど藤川Pが話されていた、過去の特集祭をいつでも遊ぶことのできる『航海日誌』という機能も追加されます。
▼開発進行中のプロフィール機能の画面
自分の好きなキャラを置いたり、好きな作品・エンブレムなどを表示して自分の「推し」をアピールできる。また、これまでのプレイ実績が「航海距離」として表示される。
プロフィール画面ワンピ(開発中)


ーちなみに、これらはいつ頃リリース予定なのでしょうか?
開発ディレクター:
カスタマイズ機能はもうしばらく開発にお時間をいただきますが、プロフィールと航海日誌はジャンプチ4.5周年での実装を予定しておりますのでお楽しみにしていただければと思います。 また、マイシップRankの上限も定期的に開放していく予定です。 便利機能もですが、ルビーや宝玉、扉などの報酬も手に入りますので、ぜひマイシップRankを上げながらお待ちいただければと思います。


さらに開発担当デザイナーにもお話を聞いてみました!

ー今回のマイシップ実装のお話が出たときはどんな気持ちでしたか?

開発デザイナー

「ジャンプチアイランドを一緒に駆け回って成長する自分だけの船!」 開発段階でこのようなお話を聞いた時からとてもワクワクしました。 こんな機能あった方がいいんじゃない?やっぱりこういうのも欲しいよね。と調整を重ねてきた機能なのでリリースできた今はとても感慨深いです。

ーマイシップ実装にあたり、デザインで意識された部分・こだわりポイントはどこでしょうか?

開発デザイナー
マイシップのデザインの出発点は、みなさんお馴染みのホームの船でした。 ホームの船には皆さん慣れ親しんでいただいていたかと思いますので、マイシップもホームの船のテイストから外れないように制作を始めました。
▼ホームの船
木の船 (1)


もちろん船だけでなくマイシップ画面全体の世界観も含めてデザインを行っており、背景は自分だけの船を感じられる場所になるよう意識してイメージを固めていきました。 ずばり、マイシップの背景イメージは -自分だけの秘密基地、ベースキャンプ! -ジャンプチの世界観が感じられる明るい海!空!!を表現した南国テイスト です。
▼実際のマイシップ画面全体の背景 S__50659338

余談ですが、マイシップ画面背景に実は旧ホーム画面に設置されていたあの建物のデザインを基にした家が建っていたりします。 ジャンプチリリース当初から遊んでいただいているプチ友の方々は、もしかしたらお気づきいただいていたかもしれませんね! ーマイシップの船自体は担当の方が一人でデザインされたんでしょうか
開発デザイナー

いえ、現状マイシップは4隻のデザインがありますが、実は船のラフは別々のデザイナーが作成しています。 清書時にテイストや装飾の粒度などのバランスを整えるのは大変でしたが、結果それぞれ個性を持った船にすることができ良かったと思っています。 開発ディレクターからのコメントにて「カスタマイズ」に関して触れられておりましたが、今後色々な船のパーツが追加された際もプチ友のみなさんが「私はこのパーツのデザインが好き!」と最終段階以外も気に入って使っていただけるようにそれぞれデザインされています。 ぜひマイシップレベルを上げて、ご自身の手で船のデザインを確かめていただけると嬉しいです!

▼4隻の船のデザイン(最終段階はプレイしてのお楽しみ)
船4種

さいごにユーザーへのメッセージ!

ーさいごに、実際にマイシップ をリリースできた今の率直なお気持ちとユーザーへのメッセージをお願いします。

藤川P:

まずは、開発に難航し当初の予定から遅くなってしまい申し訳ございませんでした。 マイシップを含む「船長計画」を進める中で、まずプチ友の皆さんに体験して頂くのはどの部分が良いか、「船長」というところを体験しやすいのはやはり「マイシップ」からかな、等 プチ友の皆さんがどのようにマイシップや船長計画を遊んでくださるのかを想像しながら開発メンバーとずっと進めてきていたので、想像通りの、想像以上にプチ友の皆さんに遊んでもらえたら幸いです。 私自身もプチ友の皆さんに負けないくらい遊び倒そうと思います! 今後も皆さんに楽しんで頂ける要素を追加していきますので、 これからも「ジャンプチ」をたくさん遊んで頂けたらと思います。


開発ディレクター:
3.5周年のご報告から4周年を過ぎてしまい大変お待たせしてしまったマイシップ機能ですが、さまざまな便利機能を携えてついに実装となりました。 プレイすればするほどよりジャンプチでの冒険が便利になっていきますので、これからのジャンプチをマイシップと共にたくさん遊んでもらえればと思います! 今後ともジャンプチをよろしくお願いいたします!

開発デザイナー
ワクワク半分、ドキドキ半分ですね。 今まではジャンプチでは主にキャラの成長のみでしたが、これから自分自身だけの船も成長させて遊ぶことができます。 その延長でこれから船パーツは増えていくと思いますが、プチ友のみなさんがこんな船にしたかったんだ!!と期待に答えられるようデザイナー一同、誠心誠意これからも制作してまいります。 是非マイシップに格好いい名前をつけてSNSにシェアしたり、マイシップと共にジャンプチライフを楽しんでいただけたらと思います!




ジャンプチ ヒーローズ運営チーム